2017年11月16日木曜日

LogBook プラグインを使って WordPress の重要操作ログを手軽に取ってみよう

LogBook プラグインは、WordPressの操作をログとして保存するプラグイン LogBook をリリースしました(TaroSky)で紹介されている通り、ログ関連のプラグインです。

開発した宮内氏は、筆者も WordPress 管理運用をする上で欠かすことのできないコマンドラインツール WP-CLI チームの日本唯一のコミッターです。WP-CLIのコミッターになってからの4週間でやったことと感じたこと(Capital P)での宮内氏の発言をみるだけでも、ものすごく沢山のコミットを積極的にされているのが伺えます(というか GitHUBみたら、最近の1年間は少なくても毎日なにかの更新されてます @@!)。

また見逃していましたが、「WP-CLIをつかってWordPressのDBをコマンド1回で別のサーバーに引っ越す」ってのは、すごすぎですよね!

また WP-CLI で引っかかるメモリ問題に関してもしっかり記事「WP-CLI でメモリ不足のエラーが出る時の対処法(Quiita)」をかいていて、これも活用させてもらってます。

さらには、最近 Google Analytics を埋め込むプラグインが Jetpack と相性が悪いのが動作しなくなったサイトがあったときに、宮内氏が開発されている WP Total Hacks にもお世話になってます。

その宮内氏が、サイトの重要なイベントに対して負荷をあまりかけずにログを記録するというプラグインを開発したとなれば、これはもう使ってみなくちゃいけません!

WP-CLI からプラグインのアップデートしたら





フムフム、サーバー上(127.0.0.1)から、WP-CLI にてプラグインを2度アップデートしたと記録に入っていますネ!その通り!

管理画面からプラグインを停止・有効化してみたら




ホウホウ、筆者端末のIPアドレスから、ユーザー kitani (筆者)で Antivirus プラグインを停止したと。

あれ、「なし」が入っているのはバグかな (^^; って思ったら、こちらの特定1サイトのみの現象でした。これはこのプラグインではなく別の何かに原因がありそうですね。

WP-CLI から バックアップ > プラグイン更新 > コア更新 > 翻訳更新 > プラグイン更新 をしてみたら




むむ、コア更新 > 翻訳更新しか記録されていませんね。
なぜかを検証してみましょう。

まずバックアップから翻訳更新までは、ちょっと特殊な更新方法をしています。
(wp は /usr/local/bin/wp)

  1. wp backwpup --jobid=ID番号
  2. wp plugin list | cut -d '|' -f 2 | awk '{print "/usr/local/bin/wp plugin update "$1}' | sh
     ※アクティブプラグインだけ更新
  3. wp core update 
  4. wp core update-db
  5. wp core language update
  6. wp plugin list | cut -d '|' -f 2 | awk '{print "/usr/local/bin/wp plugin update "$1}' | sh 

という流れになっていて、赤文字のところだけが記録されています。

これを次のコマンドに変更して実行してみました。
  1. wp backwpup --jobid=ID番号
  2. wp plugin --all 
     ※アクティブプラグインだけ更新
  3. wp core update 
  4. wp core update-db
  5. wp core language update
  6. wp plugin --all 
するとプラグインも認識しました。
6番目は更新プラグインがないのでログには記録されていません。
※2度目のプラグイン更新の意味は、時々 WordPress の新バージョンのみ更新可能なプラグイン(プラグイン新バージョンが新しい WordPress を求めている場合)があり、新バージョンにしてから更新リストに出てくる時があるため。



個別のプラグイン更新(wp plugin update ◯◯)はちゃんと登録できているので書き方なんですかねぇ。まぁもうcut を使ってアクティブプラグインだけ更新するのはやめたのでいいんですけどね。
※なお cut などを間に挟むようなことをしていたのは、特定プラグインを除くなどの目的だったのだが、wp plugin update --all --exclude=logbook などで logbook 以外のプラグインすべてをアップデートとかできちゃうので、もう不要なのですよね。

2,3のサイトで数日テストして問題ないようなら、
【備忘録】WP-CLI エイリアスを利用したリモートサーバーの WordPress 管理 #wckyoto2017
を参考に、
wp @all plugin install logbook
wp @all plugin activate logbook
で手持ち端末から WordPress やサーバーにログインせずに、一括インストールと有効化するかなー

ってことで終わりにしようと思いましたが、このプラグイン、日本語化されていないのですよねぇ。個人的には翻訳不要なのですが、翻訳する分量が 70ぐらいなので翻訳してみるかぁと思ってやってみました。

LogBook プラグインの翻訳




最近の WordPress プラグイン翻訳は、https://translate.wordpress.org より手軽にすることができます。自分のプラグインならどのような場面でその言葉を使っているかわかっていますが、他人が開発したプラグインは、その利用場面によって翻訳内容が変わるときがあります。
また翻訳するにあたっては、


を参考に、長音文字、受動態はできるだけ能動態へ変換する、半角文字と全角文字の間には、半角文字1字分のスペースを入れる、などのよくあるものに特に注意を払いながら訳していくことになります。
翻訳(実際には提案)が完了したら、日本語版 WordPress Slack の #requests チャネルで翻訳の承認を依頼します。そうすれば、翻訳の達人の皆さんがチェックをしてくださることでしょう、きっと。最終的には、承認権限をもっている方によって承認されれば、めでたくみんなが使えるようになるってことです。

各プラグインの翻訳トップページに移動するには、各プラグインのダウンロードページにアクセスし、下記のように出てくれば、まだ日本語翻訳されていないことになります。


下図のように表示されれば、少なくても一度は翻訳済みになります。
ただし、プラグインが更新されていくなかで、翻訳が不十分になっているケースもあります。「Help translate it!」あるいは「翻訳の改善のご協力ください」のいずれかのリンクをクリックすることでそのプラグインの翻訳トップに移動します。


LogBook は翻訳して承認待ちなので、Waiting に入っています。



すでに 100%翻訳されていて、承認済みの場合には下記のように 100% の表示になります。



確か 95% を超えて、これが承認されればプラグイン本体に翻訳が反映されるようですね!


2017年11月16日 @kimipooh

Google+ Badge