2014年11月27日木曜日

プラグイン「WP Hidden Password Protected Pages」の公開!


パスワード保護された投稿(固定ページ)を非表示にするというプラグインです。
設定で無効にすることも可能(テスト用)です。

パスワード保護されたページを非表示にする / パスワード保護時間の設定方法で手動設定方法を書きましたけど、やっぱりプラグインだよね!!ってことで開発しちゃいました。開発時間は延べ5時間ぐらいかなー。オプション設定が手こずったのでした... (^^;

どういう感じかは、上記公開リポジトリのスクリーンショットにも載せてますが、次の通りです。

通常は上記のようにパスワード保護ページも表示されます。
でもトップページに掲載されるのは鬱陶しい...回避方法はいろいろありますが、

このプラグインを有効にするだけで、ほら表示されません。
もちろんURLを知っていればアクセスできます。 


これが設定画面
もちろん日本語訳ありますよ!!


オプションとして、パスワード保護を解除してから次のパスワードがかかるまでの時間(秒)を設定できます。通常は10日と設定されてます。
もちろん、英語に加えて日本語対応です。

RSS配信もパスワード保護された投稿は出てこなくなるので、気兼ねなくFacebook等SNSへ自動投稿設定できます。

いやこれがやりたくて作ったって感じなんですよね。某氏作成の某Total Hackに組み込まれないかな..とか。いやいや、実際に開発してみると勉強になるのでよかったんですけどね、、オプション設定とか追加しちゃったので、2日かかっちゃいました。


3 件のコメント:

  1. WP Hidden Password Protected Pagesを使わせていただいております!ありがとうございます。
    一点質問がございます。「To view this protected post, enter the password below:」と言ったあたりの表示言語は日本語に変更することができますでしょうか?よろしくお願い申し上げます。

    返信削除
    返信
    1. それを出力しているのは、WordPress本体になります。よって通常は、WordPressの設定(Settings)→一般(General)にある、サイト言語(Site Language)を日本語にすれば日本語になります。

      削除
    2. https://codex.wordpress.org/Using_Password_Protection#Customize_the_Protected_Text を参考にfunctions.phpに書き込めば自由に変更できますね。プラグインで作ろうかな―と作成しだしたら、多言語化とかいろいろ面倒なことが出来てきて、functions.phpに書くほうが楽だな―と思い始めた今日このごろ。 日本語記事なら、http://www.nxworld.net/wordpress/wp-change-password-protected-posts.html が分かりやすいかと。

      削除

Google+ Badge